「笑いと健康お届け隊」がフレイル予防

 会員として地域を元気にしていく方々をお待ちしています!

 

「笑いと健康」を出前いたします!

シルバー人材センター「笑いと健康お届け隊」による「健康づくり」 教室をしませんか!

笑いと健康お届け隊

シルバー人材センターでは、平成26年度から始まった「養父市虚弱の先送り事業」を受託し、地域で健康づくりの一端の「担い手」として事業に取り組んでいます。「毎日元気に暮らす教室」では、運動・栄養・社会参加を基本とし地域のみなさんと一緒に健康づくりを実施しています。


○「毎日元気にクラス」教室

教室では「運動・栄養・社会参加」を基本とした内容で、隊員は緊張しながらも「楽しく・明るく・笑顔で!」を合言葉に活動しています。

教室の参加者からは、「ひざや腰が楽になった」「気楽に参加でき楽しい」

「よく笑うようになった」と好評です。



笑いと健康お届け隊事業』

 養父市補助事業として「フレイル(虚弱の先送り)」を目標に、会員が「笑いと健康お届け隊」の隊員となり、各地域集落に出向き高齢者を対象にフレイル予防教室を行っています。市内154行政区を対象に活動し当年度で42行政区を終えました。この事業では、センターの会員となって活動を希望する女性会員が増加しています。